回答

●オートローンの場合

 納税義務者は、お車の購入者である車検証上の「使用者」となります。

 クレジット会社はお車の担保権を設定するために、車検証上の「所有者」となることがありますが、お車を購入しているのは車検証上の「使用者」ですので、税金をお支払いするのは「使用者」となります。

 

●オートリースの場合

 納税義務者は、車検証上の所有者である「リース会社」となります。

 リース契約はリース会社の保有する物件を「借りる契約」となるため、物件の所有者である「リース会社」が税金の支払者となります。
駐車違反などの違反金は、「使用者・運転者」の責任となります。

【2019年12月に改定しました】

                                                                                                                                  

カテゴリー

関連した「よくあるご質問」