回答

多重債務者の発生防止という観点から、返済能力を超えると認められる貸付けの契約の締結を貸金業法第13条の2で禁止したものです。
具体的には、お客様の融資借入総額(弊社総キャッシングご利用可能枠と他社融資残高)が年収の3分の1を超える新規の貸付けを禁止するという規制です。


                                              【2019年6月に改定しました】

カテゴリー

関連した「よくあるご質問」